文部科学省は23日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)の立地自治体を交えた連絡協議会で、もんじゅの原子炉容器からの使用済み核燃料の取り出しが7月から10月に遅れるとの見通しを明らかにした。