スポーツ庁長官賞を受賞した実行委員長の佐々木さん(左から2人目)や実行委員ら=22日午後、東京都内

 スポーツによる健康づくりや地域振興に貢献した活動を顕彰する「第7回スポーツ振興賞」の授賞式が22日、東京都内で行われ、日光市の世界遺産エリアや山岳地帯を駆け抜ける「日光国立公園マウンテンランニング大会」(実行委員会主催)が最高賞に次ぐスポーツ庁長官賞に選ばれた。

 公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会と一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構が2012年度から毎年表彰している。授賞式に出席した同大会実行委員長の佐々木理人(ささきりひと)さん(29)=日光市出身、東京都在住=は「貴重な賞を頂けてありがたい。トレイルランの文化定着と外国人の受け入れ体制整備をさらに進めたい」と喜んだ。