国営諫早湾干拓事業を巡り、堤防の排水門の開門を強制しないよう国が漁業者に求めた訴訟で、最高裁は22日、上告審弁論を7月26日に指定した。国側の請求を認めた二審福岡高裁の判断が見直される可能性が出てきた。