子どもから大人まで幅広く利用されている芳賀町B&G海洋センター

 【芳賀】温水プールを備えた与能の町B&G海洋センターの2018年度の利用率(利用者数を町の人口で割った値)が6・75に上り、B&G財団(東京都港区)が全国に整備した同様の温水・加温プール計110カ所の中で1位になった。18年度の利用者(延べ人数)も10万2474人で全国3位となり、町とセンターは「さらに利用者を増やし町民などの健康づくりに努めたい」としている。

 都内でこのほど表彰式が行われ、見目匡(けんもくただし)町長とセンターの木村貴虎(きむらたかとら)館長が出席し、財団は見目町長に表彰状を贈った。

 センターは財団が1998年に整備し、2000年に町へ無償譲渡された。町内唯一のプールで、25メートルプールや50メートルスライダー、幼児プール、ジャグジーなどを備えている。年末年始と休館日の月曜以外は原則開館している。