宇都宮地方気象台は21日午後5時16分、「大雨と雷に関する栃木県気象情報」を発表した。県内では、今後大雨の降るおそれはなくなったが、引き続き21日夜のはじめごろまで土砂災害や河川の増水に注意するよう呼び掛けている。

◇最新の災害情報・気象警報

 同気象台によると20日午前11時の降り始めから21日午後5時までの総降水量(アメダス速報値)は、

 日光市今市     141.0ミリ

 鹿沼        139.5ミリ

 高根沢       135.5ミリ

 奥日光中禅寺湖畔  128.0ミリ

 那須高原      124.5ミリ

 塩谷        124.5ミリ

 日光市足尾     117.0ミリ

 日光市五十里    116.5ミリ

 宇都宮       115.5ミリ

 佐野市葛生     113.0ミリ

 那須烏山      110.0ミリ

 大田原       106.5ミリ

 栃木        103.5ミリ

 などとなっている。