不審者の対処方法を確認する警察官=20日午後、宇都宮市新里町

 6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に備え、県警は20日、宇都宮市新里町の「道の駅うつのみやろまんちっく村」の駐車場で要人警護訓練を行った。現地に派遣される特別派遣警護部隊と県内で任務に当たる後方治安警護部隊の計38人が参加した。

 訓練では、警護車両に乗った特別派遣警護部隊が隊列を組んで走行し、要人を守る動きを確認。降車した要人に不審者が向かってくるとの想定では、素早く気付いて取り押さえた。後方治安警護部隊も不審者に対応する訓練を行った。

 県警の原田義久(はらだよしひさ)本部長は講評で「今後も訓練を継続して警護技術を向上させ、任務を完遂することを期待する」と述べた。