強い雨の中、風にあおられながら歩く人たち=21日午前、東京・丸の内

 寒冷前線の本州通過に伴い、21日は西日本から東日本の太平洋側で大雨になり、通勤・通学の足を直撃した。局地的に非常に激しい雨が降り、和歌山市で未明に1時間に55・5ミリの雨を記録し、観測史上の5月の最高値を更新した。雨の中心は次第に東に移る見通し。雨が多かった地域では土砂災害や浸水、川の増水・氾濫に警戒が必要だ。

 静岡地方気象台と静岡県は21日午前、土砂災害の危険性が高まったとして静岡市南部(葵区の一部、駿河区、清水区)、富士宮、島田、掛川、藤枝の各市に土砂災害警戒情報を発表した。