収穫が始まった「塩原かぶ」

 【那須塩原】塩原地区の特産の「塩原かぶ」の収穫が始まり、生産農家が出荷作業に追われている。

 上塩原と中塩原の生産農家でつくる塩原そ菜生産出荷組合の大島久雄(おおしまひさお)組合長(68)方=上塩原=では、20日午前3時半ごろから作業を始め、収穫や選別、水洗い、箱詰めなどを行った。作業は6月中旬ごろまで続き東京や横浜、宇都宮の市場に出荷する。