展示会に向け、リメークした服、バッグの確認をする赤沼さん

 【鹿沼】泉町の「アトリエおーはし」で25日~27日まで宇都宮市雀宮1丁目、赤沼(あかぬま)ヨシコさん(87)が和洋布地を使ってリメークした服、バッグなどを披露する「米寿記念展示会」を開く。1931年5月27日生まれ、展示会最終日に88歳となる赤沼さんは「この1年間、縫ってきた服などで大胆なデザインにした。私の集大成」と話し、準備している。

 ミシンを10歳の誕生日に両親から買ってもらい、これまでに十数台使ってきた。現在は10台保有し、4台を常時使用している。70歳までバレエ教室を主宰、生徒の衣装のほとんどを手掛けたという。