色彩豊かなネコの彫紙アート作品とNorikoさん

 【大田原】重ねた紙をナイフで彫って描く「彫紙(ちょうし)アート」の作家Norikoさん(56)=那須塩原市在住=は、中央1丁目の多目的交流カフェas(アズ)で県内初の個展を開いている。ネコをモチーフにした精緻でかわいらしい作品たちが並ぶ。6月2日まで。

 彫紙アートは2000年に考案された絵画表現技法で、紙を5枚以上重ねてアートナイフで彫る。切り絵とは違った立体感や色彩の豊かさを出せるのが特徴。