関甲新学生野球春季1部リーグは19日、群馬県伊勢崎市の上武大野球場で最終節の2回戦2試合を行い、白鴎大は3-6で上武大に2敗し、リーグ優勝を逃した。作新大は5-10で山梨学院大に逆転負けした。

 白鴎大は先発中村伊吹(なかむらいぶき)(福岡・星琳)が2回に3本の長短打で2点を献上。四回にも先頭打者に右越えソロ本塁打を許すなどして3点を失い、完全に試合の主導権を渡した。6点を追う七回に、連続適時打などで3点を返したが、及ばなかった。

 作新大は初回に主砲北間康平(きたまこうへい)(足利南)の2点適時二塁打と矢沢徳隆(やざわのりたか)(今工)の2点本塁打で4点を先制したものの、4投手による継投でも守り切れなかった。白鴎大は8勝3敗で2位、作新大は5勝7敗で4位。最多盗塁(9)に白鴎大の山田和哉(やまだかずや)(福岡・大牟田)が輝いた。