外観を忠実に再現した黒部ダムカレー

 【日光】ダム人気が高まる中、日蔭(ひかげ)の栗山ふるさと物産センターはこのほど、日蔭の「鬼怒川発電所 黒部ダム」を模した「黒部ダムカレー」の販売を始めた。外観の特徴をうまくとらえており、県内外から訪れるダム愛好家らを楽しませている。

 同センターの平野郁子(ひらのいくこ)さん(62)のこだわりは、ご飯の盛り方。同ダムの八つの門をご飯の凹凸で丁寧に表現した。重厚な曲線美の表現は、ダム愛好家らにも好評だという。

 そのほかにも、2切れのカモ肉はダム湖を泳ぐ2羽のカモ、ブロッコリーはダム周辺の山林をそれぞれイメージしている。生野菜のサラダと、里芋の煮物や山菜といった季節に合わせた小鉢が付く。850円(税込み)。1日15食限定。