U-20日本代表として女子400メートルリレーに出場する作新大の福田

U-20日本代表として女子1600メートルリレーに出場する中大の大島

U-20日本代表として女子400メートルリレーに出場する作新大の福田 U-20日本代表として女子1600メートルリレーに出場する中大の大島

 陸上の国際大会「セイコー・ゴールデングランプリ大阪」(19日・ヤンマースタジアム長居)に作新大1年の福田奈央(ふくだなお)(18)=作新高出、中大1年の大島愛梨(おおしまあいり)(18)=宇中女高出=がU20日本代表の一員として初出場する。世代別で初の代表招集となる2人は、ともにオープン種目の女子リレーに出場。「プレッシャーはあるが、呼ばれたからには成績に貢献したい」(福田)、「めったにない機会。格上に離されすぎないように頑張る」(大島)と大舞台に胸を高ぶらせている。

 大会は国際陸上競技連盟(IAAF)が主催する「ワールドチャレンジ」の第3戦。国内外のトップ選手が集結し、男子100メートルでは2017年世界選手権王者ジャスティン・ガトリン(米国)に桐生祥秀(きりゅうよしひで)(日本生命)、山県亮太(やまがたりょうた)(セイコー)らが挑む。