昨年中国で開かれた大会に出場した森谷さん

昨年中国で開かれた大会に出場した森谷さん(中央)

昨年中国で開かれた大会に出場した森谷さん 昨年中国で開かれた大会に出場した森谷さん(中央)

 【小山】アメリカの砂漠地帯を200キロ余り、48時間の制限時間内に走破するウルトラマラソン大会「Badwater135」に、若木町3丁目、眼科医森谷充雄(もりやみつお)さん(40)が初めて挑む。56・7度という世界最高気温を過去に記録した場所を走ることから世界一過酷と言われるレース。森谷さんは「これまで走ったレースより距離は短いが、暑さとの闘いになる。仲間とともに全力を出したい」と話している。

 大会は7月15~17日、カリフォルニア州で開かれる。デスバレー国立公園をスタートし、ホイットニー山にゴールするまでを競う全長135マイル(217キロ)のレースだ。世界約20カ国から書類選考などを経て選ばれた計100人が出場し、物資などを積んだサポーター車とともに走る。日本からは4人が選ばれ、県内からは森谷さんが唯一出場する。