元気よく校門から出発する生徒たち

85キロ先のゴールに向け出発した生徒たち

元気よく校門から出発する生徒たち 85キロ先のゴールに向け出発した生徒たち

 【大田原】一昼夜をかけて那須野ケ原を歩く大田原高の「85キロ強歩」が16日午前9時45分、紫塚3丁目の同校を出発した。今年で33回目の伝統行事で、沿道の地域住民やOB、保護者たちに支えられ、1~3年の677人が完歩を目指す。

 矢板市から那須塩原市内へ向かい、17日は黒羽方面を経由して午前11時ごろ同校に帰着する予定。