高橋氏を支援する議員の会設立総会であいさつする木村氏(中央)=15日午前、宇都宮市内

 夏の参院選栃木選挙区(改選数1)で再選を目指す自民党現職の高橋克法(たかはしかつのり)氏=公明推薦=を支援する議員の会の設立総会が15日、宇都宮市内で開かれ、超党派の県議37人が参加した。

 入会した県議の内訳は、自民33人、公明党3人、無所属の早川桂子(はやかわけいこ)氏。会長には自民の板橋一好(いたばしかずよし)氏、会長代行に自民県連の木村好文(きむらよしふみ)幹事長、公明県本部の山口恒夫(やまぐちつねお)代表、幹事長に自民の螺良昭人(つぶらあきひと)氏を選出した。