本県を含む5県で自動車盗を繰り返したとして、栃木、茨城両県警の合同捜査班は15日までに、窃盗の疑いで下野市、解体作業員(40)と茨城県土浦市、土木作業員男(52)、小山市生まれ、住所不定、無職男(49)を逮捕、送検したと発表した。計66件、約1億1488万9500円相当の被害を確認した。