学習合宿で4月、日光市内のホテルに宿泊していた県南の県立高1年男子生徒13人が、女子生徒の浴室をのぞき見し、学校側が女子生徒と保護者に謝罪していたことが13日、同校への取材で分かった。同校は13人を含め、周囲ではやし立てるなどした男子生徒計約30人に規範意識を改めるよう指導している。校長は「被害に遭った女子生徒に申し訳ない。二度と起こらないよう危機管理をしていく」としている。