那珂川町芳井で目撃されたニホンカモシカとみられる動物(福島治行さん撮影)

 【那珂川】芳井の人里に国の天然記念物で県獣のニホンカモシカとみられる動物が出現し、地元の人たちを驚かせている。

 無職、福島治行(ふくしまはるゆき)さん(69)は10日朝、自宅の裏山で体長約1メートルのニホンカモシカとみられる動物を発見。慌てて自宅にカメラを取りに戻り、写真に収めた。福島さんと2分ほど「にらめっこ」が続いた後、動物は山の中に戻っていったという。

 本県では日光市足尾町などの岩場、林間で見られるニホンカモシカ。今回の目撃場所は県道矢板那珂川線のすぐ近くで、福島さんは「イノシシはいっぱいいるが、カモシカを見るのは初めて。どうしてこんな所にいるのか」と驚いていた。