手術体験で超音波メスを使う高校生

 【足利】病院や健康に関するさまざまな企画を楽しむ「第6回ハートクロスフェスタ」が11日、五十部(よべ)町の足利赤十字病院で開かれた。医師を目指す高校生たちは手術体験や病棟見学を通して、医療への関心を深めた。

 同病院の主催で、病院や医療を身近に感じてもらおうと開催。職員による自動体外式除細動器(AED)を使った救急法の指導、血糖値や肺年齢の測定など約20種類のブースが設けられた。家族連れなど多くの人が訪れ、子どもたちは救護服とナース服姿での写真撮影やラムネ菓子を使った調剤の模擬体験などを楽しんでいた。