刑事ドラマや戦隊ヒーロー番組で使われている「爆破シーン」を間近で見ることができるイベントが各地で開かれている。「インスタ映え」を狙って参加する人が多く、コスプレ撮影会のほか、地域活性化のためロケ誘致につなげる動きまで出ている。

 爆破イベントは戦隊ヒーロー番組のロケ地として知られる岩船山周辺の採石場跡(栃木市)でも開かれている。

 2015年から同所で爆破を背景にしたコスプレ撮影会を開いているのが、企画運営会社「コスナビ」(東京都渋谷区)。同社担当者は「こんなに人気が出るとは予想していなかった」と明かす。

 撮影会は年2回、各2日間の日程で開かれ、毎回、全国各地から約200人が訪れる。参加者は20~30代の若者が中心で、女性が8割を占めるという。

 切り立った岩場に囲まれた独特な雰囲気の中、勢いよく燃え上がるオレンジ色の炎や白煙の前で、参加者たちはウエディングドレスを着たり、テレビアニメの登場人物にふんしたりして思い思いに撮影を楽しむ。

 「参加者からは『満足した』『良かった』と好評を得ています」と担当者。撮影会は10月12、13日にも予定されている。