2回、栃木GBの松井が右前に先制の2点適時打を放つ=足利市総合運動場硬式野球場

6回無失点と好投した栃木GBの先発・比嘉=足利市総合運動場硬式野球場

6回無失点と好投した栃木GBの先発・比嘉=足利市総合運動場野球場

2回、栃木GBの松井が右前に先制の2点適時打を放つ=足利市総合運動場硬式野球場 6回無失点と好投した栃木GBの先発・比嘉=足利市総合運動場硬式野球場 6回無失点と好投した栃木GBの先発・比嘉=足利市総合運動場野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は12日、足利市総合運動場硬式野球場で福島と対戦し、8-0で快勝した。3連勝で通算成績は12勝6敗。

 栃木GBは14安打と打線が爆発した。二回に松井永吉(まついえいきち)の2点適時打、高野勇太(たかのゆうた)の3ランなど打者11人の猛攻で一挙6点を先制。四回は西岡剛(にしかつよし)、野崎新矢(のざきしんや)、谷津鷹明(やつたかあき)の3連続長打で2点を追加するなど、3試合連続で2桁安打をマークした。

 守っては先発した比嘉大智(ひがだいち)が6回を3安打無失点と好投し、その後も3人の継投で完封した。米大リーグのドジャースとマイナー契約で合意した北方悠誠(きたがたゆうじょう)は八回から登板し、1回を無安打2奪三振に抑えた。

 次戦は14日午後1時から、福島県須賀川市の牡丹台野球場で福島と対戦する。