J2第13節の栃木SCは12日、県グリーンスタジアムで甲府と対戦し、1-0で8試合ぶりに勝利を収めた。通算成績は3勝4分け6敗で勝ち点13。順位は最下位から18位に浮上した。

 栃木SCは前半開始から圧倒的にボールを支配されながらもブロックを固め対応。42分にFW浜下瑛が倒されPKを獲得。FW大黒将志が、これを決めて先制した。後半も攻勢を強めた甲府に押し込まれる展開となったが、全員守備で守り切った。

 次節は18日午後2時から、NACK5スタジアム大宮で3位の大宮と対戦する。