元プロから指導を受ける子どもたち

元プロからゴロの捕球を学ぶ子どもたち

元プロから送球の指導を受ける子どもたち

児童らに打撃のアドバイスをする小関さん(右)

元プロから指導を受ける子どもたち 元プロからゴロの捕球を学ぶ子どもたち 元プロから送球の指導を受ける子どもたち
児童らに打撃のアドバイスをする小関さん(右)

 【栃木】元プロ野球選手が講師を務める「第25回ダイワハウス全国少年少女野球教室」が12日、総合運動場硬式野球場で開催され、市内外の小中学生約153人が指導を受けた。

 公益財団法人「全国野球振興会」(日本プロ野球OBクラブ、八木沢荘六(やぎさわそうろく)理事長)が主催し1995年にスタート。将来を担う子どもたちへ野球の魅力や楽しさを伝えることでスポーツの普及や青少年の健全育成などを図る目的で、これまで全国で約26万4千人の子どもが参加している。