交通安全を訴える渡辺さん

交通安全を訴える渡辺さん

交通安全を訴える渡辺さん 交通安全を訴える渡辺さん

 【矢板】春の交通安全県民総ぐるみ運動の一環で矢板署は12日、市出身のプロボウラーで声優の渡辺(わたなべ)けあきさん(26)に一日警察署長を委嘱した。

 渡辺さんは、小学生の途中まで矢板市内に住み、現在は市をPRする「やいた応援大使」も担っている。

 渡辺さんは軽トラ市が開かれた長峰公園内のステージで鈴木清貴(すずききよたか)署長から委嘱状を受け取り、「歩行者に気を付けて安全運転を心がけて」と来場者に向けて“初訓示”。会場を練り歩き、啓発チラシや反射材などを手渡した。

 同公園ではクラシックカー愛好家が27台を展示。市内や塩谷町へ向けてのパレード出発式では、渡辺さんが号令をかけた。

 一日署長を務め終えた渡辺さんは「このような役ができて光栄。交通安全の啓発を続けたい」と話した。