今泉小で実施している日本語指導。母語指導講師(右)が中国語を使い、国語の教科書の文章を解説している

 出入国管理法の改正により、県内でも外国人住民と、それに伴う外国人児童生徒の数が増加傾向にある。日本語の指導を必要とする児童も増えており、宇都宮市教委や市立小中学校は、日本語の習得段階に応じた指導を実施している。講師の不足や個別指導の難しさがある一方、外国人児童らが在籍することが、子どもたちの国際理解につながるとの見方もある。

 「本棚は?」

 指導者に尋ねられた男子児童が、教室内を不安そうに指さした。

 「それはロッカー。本棚は?」。児童ははっと気付いた表情で、本棚を指さした。「そう。それが本棚だね」

 日本語の指導を必要とする児童に、学校に入る前の初期指導を行う「はばたき教室」の風景だ。市教育センターで、生活に使う言葉や学校の決まりなどを教える。40日間で、小学1年生に最低限必要な能力を身につけることを目指す。1クラスの人数は、1~8人程度。

 「はばたき教室」を巣立った児童らは、各小中学校に通う。各校に派遣された講師から児童らの母語で年間70~105時間の指導を受け、その後は市国際交流協会員の日本語ボランティアが来校し、日本語で指導する。

 各校での指導は基本的に1対1。学習の進行状況によって各段階の指導期間を延長するなど、きめ細かい対応をしているという。