PRを兼ね、とちぎ山車会館の壁面で5日に行われた上映会

 【栃木】市が誇る歴史的建造物などを会場に名作を上映する「第12回栃木・蔵の街かど映画祭」が11、12の両日、市中心部で開かれる。今回は万町のとちぎ山車会館壁面を使い、無料の野外上映会を初開催する。

 映画館のない市内で、歴史ある街並みと映画を楽しんでもらおうと毎年開催している。

 会場は登録有形文化財の栃木高講堂など11カ所で、32作品を上映する。招待作品の「あいあい傘」(2018年)は市がロケ地となっており、市内各所が登場する。若手映画作家の作品や親子向けの「ちびまる子ちゃん」などもそろえた。

 映画祭のチケットは2日間見放題で1千円。学生以下無料。(問)市観光協会0282・25・2356。