交通安全ストラップを寄贈した菅野さん(左)と間宵署長

菅野さんが寄贈した交通安全ストラップ

交通安全ストラップを寄贈した菅野さん(左)と間宵署長 菅野さんが寄贈した交通安全ストラップ

 【下野】春の交通安全運動(11~20日)を前に上大領の菅野忠(かんのただし)さん(85)が8日、貝殻を利用して作った「交通安全ストラップ」200組を下野署に寄贈した。同署は安全運動期間中の街頭活動で配布する。

 ストラップはすべて菅野さんの手作り。アサリとシジミの貝殻をちりめんの布でくるんで、ひもを付けた。2個で一組となっている。一つ一つ縫い上げたストラップは、カラフルで女性に喜ばれるようなかわいい出来栄え。