参院選の選挙協力について記者会見する木村幹事長(右)と山口代表=7日午後、県庁記者クラブ

 自民党県連と公明党県本部は7日、県庁記者クラブで記者会見し、夏の参院選で選挙協力することで合意したと発表した。

 合意事項では、栃木選挙区(改選数1)で再選を目指す自民現職の高橋克法(たかはしかつのり)氏(61)の必勝に向け、公明が支持拡大に努めるとした一方、公明現職で全国比例代表再選に挑む公明県本部重点候補の平木大作(ひらきだいさく)氏(44)の必勝に向け、自民が支持拡大に努めるなどとした。

 選挙協力は2012、14、17年の衆院選、13、16年の参院選などでも行っている。