県議会最大会派のとちぎ自民党議員会は7日、改選に伴う県議会正副議長選で、会派内の立候補受け付けを締め切り、議長に早川尚秀(はやかわなおひで)氏(46)=足利市選挙区、5期、副議長に金子裕(かねこゆたか)氏(56)=佐野市選挙区、4期=が立候補することが決まった。

 同議員会は、県議会の定数50のうち過半数の33議席を占めるため、両氏の次期正副議長就任が事実上、内定した。