皇位継承に伴う異例の10連休が明けた7日、県内では官公庁や金融機関などが「令和」最初の平日を迎え、ゴールデンウイーク(GW)明けの業務や営業に追われた。たまった仕事に「忙しいが粛々とこなす」といった声があったほか、金融機関の窓口では40分待ちの混雑となった所も。時代が平成から令和に変わっても、変わらぬサービス提供を誓う企業もあった。

 宇都宮市市民課ではこの日、連休中に提出された婚姻届の内容確認などの業務に当たった。令和初日の1日には婚姻届を提出する市民が相次ぎ、市役所には一時30組以上が行列を作るほどだった。