裏山の中でひっそりと咲くヤマブキソウ

裏山の中でひっそりと咲くヤマブキソウ

裏山の中でひっそりと咲くヤマブキソウ 裏山の中でひっそりと咲くヤマブキソウ

 【塩谷】喜佐見の赤塚逸平(あかつかいっぺい)さん(84)方の裏山で、群生するヤマブキソウが見頃を迎えた。約2万株が斜面に沿って自生し、薄暗い裏山の中でひっそりと黄金色に輝いている。

 20年ほど前から自生していて、高さ20~30センチの株に約5センチの花を付ける。例年に比べて株は小さめだが、株数は増加したという。

 群生地では8、9の両日午後と10日に、県生物多様性アドバイザーの田代俊夫(たしろとしお)さん(90)=玉生=が解説員となって観察会が開かれる。(問)田代さん090・6702・7124。