神橋で認定書を手にする(右から)中麿宮司と桂さん、福田さん

 【日光】日光二荒山神社がNPO法人地域活性化支援センター(静岡市)の「恋人の聖地サテライト」に認定され7日、神橋で認定式とイベントが行われた。選考委員のウエディングドレスデザイナー桂由美(かつらゆみ)さん(87)も出席。会場となった神橋では優美なドレスも披露され、華やいだ雰囲気に包まれた。

 認定式の後、桂さんが昨年、パリコレクションに出品し作品が披露された。モデルは鹿沼市職員で元バレーボール女子日本代表の福田舞(ふくだまい)さん(35)。江戸時代に浮世絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい)が描いた霧降の滝をモチーフにしたドレスに身を包み神橋を渡った。

 昨年11月から、トチギ結婚式協議会が神社側と認定申請手続きを進めていた。縁結びの神を祭る神社と自然美が評価された。市内では「とりっくあーとぴあ日光」に次いで2カ所目の認定となった。

 日光二荒山神社の中麿輝美(なかまろてるみ)宮司(73)は「良い縁の橋渡しである神橋を渡っていただき、多くの方がいい縁で結ばれてほしい」と話していた。