前半、ライン際で栃木SCのMF西谷優(手前)がボールを奪い攻撃を仕掛ける=鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム(徳島新聞提供)

後半38分、栃木SCのFW西谷(右から2人目)が同点ゴール決め、仲間と喜ぶ=鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム(徳島新聞提供)

前半9分、大黒が先制点を決め祝福をうける=鳴門ポカリスエットスタジアム(徳島新聞提供)

前半9分、大黒(左から2人目)がシュートを決め1-0と先制する=鳴門ポカリスエットスタジアム(徳島新聞社提供)

前半、ライン際で栃木SCのMF西谷優(手前)がボールを奪い攻撃を仕掛ける=鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム(徳島新聞提供) 後半38分、栃木SCのFW西谷(右から2人目)が同点ゴール決め、仲間と喜ぶ=鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム(徳島新聞提供) 前半9分、大黒が先制点を決め祝福をうける=鳴門ポカリスエットスタジアム(徳島新聞提供) 前半9分、大黒(左から2人目)がシュートを決め1-0と先制する=鳴門ポカリスエットスタジアム(徳島新聞社提供)

 明治安田J2第12節は5日、各地で7試合を行い、栃木SCは徳島県の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで徳島と対戦し、2-3で競り負けた。通算成績は2勝4分け6敗で勝ち点10。順位は最下位の22位となった。

 栃木SCは前半開始直後から相手DFライン裏を突くなど、押し気味に試合を進めた。9分にはMF西谷優希(にしやゆうき)のミドルシュートのこぼれ球に反応したFW大黒将志(おおぐろまさし)が右足ボレーで先制ゴールを決めた。だが、その後は攻勢を強めた徳島に押し込まれる展開。25分には自陣ペナルティーエリア内でDF田代雅也(たしろまさや)がハンドを取られ、PKで同点に追い付かれた。

 後半も開始から守勢に回る時間帯が続き、32分には徳島の外国人DFにミドルシュートを決められ勝ち越しを許した。それでも38分にペナルティーエリア内で大黒、FW浜下瑛(はましたあきら)がつなぎ、FW西谷和希(にしやかずき)が左足ボレーを決め同点。しかし、そのまま終了かと思われたロスタイム、ダイレクトパスでゴール前に抜け出され、決勝点を献上した。

 次節は12日午後4時から、県グリーンスタジアムで甲府と対戦する。