彦谷神楽を奉納する神楽師

 【足利】葉鹿町彦谷には、明治時代から伝わる里神楽「彦谷神楽」がある。住民でつくる「彦谷神楽保存会」が伝承してきたが、文化財には指定されておらず、地元以外ではほとんど知られていないという。3日に行われた同所の湯殿山神社の例大祭では、地元住民や市関係者が見守る中、伝統の舞が奉納された。

 彦谷神楽は現在、同保存会に所属する60~80代の14人が神楽師を務め、守り伝えている。湯殿山神社の同例大祭の他、同町の日枝神社や篠生(ささご)神社でも春や秋の祭礼で奉納されている。