2回、栃木GBの原田がチーム初安打となる右前打を放つ=栃木市営球場、柴山英紀撮影

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、栃木市営球場で群馬と対戦し、0-5で敗れた。連勝は3でストップし、通算成績は9勝6敗となった。

 栃木GBは二回に無死一、三塁、四回は無死一、二塁の好機をつくったが、いずれも後続が凡退。九回も敵失絡みでつくった2死二、三塁の好機を生かせず完封負けを喫した。先発の若松駿太(わかまつしゅんた)は制球に苦しみ、五回3失点で降板。2番手の北方悠誠(きたかたゆうじょう)も六回に2失点し、流れを引き寄せられなかった。 次戦は10日午後6時から、小山運動公園野球場で茨城と対戦する。