4年ぶりにかれんな花を咲かせた「カトカルティア・ヴィロサ」

 【真岡】企画展「高山に咲くケシ展」が開かれている下籠谷(しもこもりや)の井頭公園花ちょう遊館高山植物館で、ケシの仲間「カトカルティア・ヴィロサ」が4年ぶりに開花し、黄色いかれんな花が来館者を楽しませている。企画展は13日まで。

 ネパール東部やブータンに分布しており、亜高山帯の草地などに自生する常緑性の宿根草。同館では2015年に一度だけ開花したが、好条件などが重なり2日に直径4~5センチの花が2輪咲いた。幾つかのつぼみも順次開花し、今月中旬にかけて見頃を迎える。

 メコノプシス属の「ベトニキフォリア(アルバ)」の白い花も咲き、国内でも珍しいケシの仲間計6種の花の同時観賞ができる。

 (問)井頭公園管理事務所0285・83・3121。