準々決勝で敗れ、グラウンドを後にする作新ナイン=清原球場

作新打線を5安打1失点に抑えた栃工の古内

5回、国学栃木の長谷川が右越え2点本塁打を放つ

3回、栃工の内藤が右前適時打を放つ

8回、国学栃木の高沢の右前適時打で二走の森がホームイン

打率5割8分3厘で打線の柱となる国学栃木の長谷川

強豪作新を破り、喜ぶ栃工ナイン

準々決勝で敗れ、グラウンドを後にする作新ナイン=清原球場 作新打線を5安打1失点に抑えた栃工の古内 5回、国学栃木の長谷川が右越え2点本塁打を放つ 3回、栃工の内藤が右前適時打を放つ 8回、国学栃木の高沢の右前適時打で二走の森がホームイン 打率5割8分3厘で打線の柱となる国学栃木の長谷川 強豪作新を破り、喜ぶ栃工ナイン

 第72回春季県高校野球大会兼第71回春季関東地区大会県予選第6日は1日、清原球場で準々決勝の残り2試合を行い、栃工が3-1で前回王者のシード作新を下して3年ぶりに準決勝へ進んだ。作新の県大会4強入りは8季連続で途絶えた。

 栃工は左腕古内大陽(ふるうちたいよう)が被安打5、1失点で完投した。打線も三回、2番内藤元基(ないとうげんき)の適時打と、主砲別井悠輝(べついゆうき)の左中間適時二塁打で2点を先制。七回無死三塁から佐藤隼平(さとうじゅんぺい)の右前適時打で追加点を挙げた。

 国学栃木は12-9で青藍泰斗との打撃戦を制し、2年連続でベスト4に進出。4点を追う五回に長谷川太洋(はせがわたいよう)が右越え2点本塁打を放ち、六回は相手投手の代わりばなを攻め、4安打で4点を奪って逆転した。七回以降も高沢孝介(たかざわこうすけ)のソロ本塁打などで小刻みに得点を重ねて逃げ切った。

 大会第7日は3日、清原球場で準決勝2試合を行い、午前9時から佐野日大-文星付、同11時半から栃工-国学栃木が対戦する。第2試合終了30分後から約1時間、小学6年生以下の親子らに同球場を開放する。