100匹のこいのぼりが会場を彩った春の遊郷祭

目を引く100匹ものこいのぼり

目を引く100匹ものこいのぼり

100匹のこいのぼりが会場を彩った春の遊郷祭 目を引く100匹ものこいのぼり 目を引く100匹ものこいのぼり

 【鹿沼】農産物の直売などを行う「春の遊郷祭」が28日、中粟野の直売所「遊の郷」で開かれ、多くの親子連れでにぎわった。

 会場を彩ったのは、地域の人や近隣市町から提供されたという100匹のこいのぼり。春風に乗って元気にたなびく様は、まさに元気に空を“泳ぐ”コイそのもので、来場者は里山の風景をめでながら、そばなど地元の味覚や抽選会などを満喫していた。

 同祭を主催する中入粟野むらづくり推進協議会の岩出正行(いわいでまさゆき)会長(65)は「感謝の気持ちでずっと続けていきたい」と笑顔で話していた。