ケイリン決勝 トップでゴールする作新の田崎(左)と元木=宇都宮競輪場

 県高校総体は30日、宇都宮競輪場ほかで行われ、自転車は作新の田崎隼翔(たさきはやと)が1キロタイムトライアル(TT)を1分11秒141で制すなど、ケイリン、スプリントと合わせ個人3冠を達成した。

 ポイントレースは高田楓雅(たかだふうが)、3キロ個人追い抜きは北村佳重(きたむらよしのぶ)の真工勢が頂点に立った。スクラッチ(6キロ)は2年生の石田悠真(いしだゆうま)(作新)が優勝、4キロ速度競走は三沼佑基(みぬまゆうき)(作新)が栄冠を手にした。

 団体はスプリント、追い抜きともに作新が制した。

 各種目の上位入賞者、団体は、6月1、2日に同会場で行われる関東大会に出場する。