咲き始めたセントーレア

咲き始めたセントーレア

咲き始めたセントーレア 咲き始めたセントーレア

 【壬生】国谷のとちぎわんぱく公園でセントーレア(ヤグルマギク)が咲き始め、来園者の目を楽しませている。

 セントーレアはキク科の一年草で、茎の先に青やピンク、紫などの花を付ける。今年は「栃木アフターデスティネーションキャンペーン(DC)」の一環として、昨年の「栃木DC」企画と同様、約1万3千平方メートルに175万本が咲き誇る。

 同公園管理事務所によると29日現在、日当たりのいい場所は7分咲き。つぼみも徐々に開花し、5月中旬まで楽しめるという。

 ゴールデンウイークの同日は天候に恵まれ、多くの家族連れでにぎわった。親子で訪れた宇都宮市新里町、国本中央小5年鈴木結菜(すずきゆいな)さん(10)は「きれいだった。紫の花が特に好き」と話した。

 (問)公園管理事務所0282・86・5855。