公開された改元祝賀の横断幕=30日午前、那須町高久甲

 新天皇即位や改元を祝おうと、那須町高久甲の東北自動車道那須インターチェンジ(IC)入り口交差点の県道(那須街道)沿いに設置された横断幕が30日、お披露目された。

Web写真館に別カットの写真

 御用邸のある那須で、祝賀ムードを盛り上げようと、同町観光協会などでつくる改元祝賀イベント実行委員会が企画。那須高原の玄関口で、通行量の多い同所に設置した。

 横断幕は幅6メートル、縦1・8メートル。国内外で活躍する2人組の漫画家・イラストレーター姫川明輝(ひめかわあきら)さんが、那須に伝わる伝説「九尾の狐(きつね)」をモチーフに、着物を着て、楽しげに跳びはねているイメージのキツネを描いた。

 祝賀の言葉のほか、新天皇陛下、新皇后雅子さま、愛子さま、それぞれのお印である「梓(あずさ)」「ハマナス」「ゴヨウツツジ」を添えた。

 同実行委の阿久津千陽(あくつちあき)委員長(48)「観光客の方にもお祝いの気持ちを共有していただければ」と話した。横断幕は1年間ほど掲示する予定。同実行委は1日から6月16日まで、同町内の観光施設など10カ所で、祝賀コメントの記帳を受け付ける。