初優勝した清水裕貴さん=28日午前、下野新聞社

 第55回全国高校将棋選手権大会県予選(県高校文化連盟将棋専門部主催、下野新聞社後援)は27、28の両日、宇都宮市昭和1丁目の下野新聞社などで団体戦と個人戦を行い、個人戦は宇都宮短大付属高3年清水裕貴(しみずゆうき)さん(17)が初優勝した。団体戦は、昨年の全国大会で優勝した文星芸大付属高Aが7連覇を果たした。

 結果は次の通り。

 ▽個人戦 (1)清水裕貴(宇都宮短大付属3年)(2)赤羽飛翔(大田原1年)(3)小淵直行(真岡3年)(4)秋山直優(佐野2年)

 ▽団体戦 (1)文星芸大付属A(2)宇都宮(3)足利