チーム名の変更を検討しているサッカーJ2栃木SC(橋本大輔(はしもとだいすけ)社長)は28日、新チーム名を一般公募する方針を明らかにした。5月中旬に募集方法を発表する。県サッカー協会やクラブOBなどで組織する選考委員会で審議し、7月上旬にも新名称を決定、または変更見送りを決める。変更する場合、早ければ来シーズンから使用する方針。

 県グリーンスタジアムで同日開いたサポーターとの意見交換会「フューチャーカンファレンス」で、橋本社長(43)が明らかにした。橋本社長は、関係自治体や大手スポンサーなどに否定的な意見がなかったことを踏まえ、「クラブとして変更を決断した方がいいと思っている」と説明。一方で「いい名称がなければ無理には変えない」と変更しない可能性も残した。