交通安全を訴え、パレードするライダーたち

大型バイクに乗り高林寺を出発するライダーたち

交通安全を訴え、パレードするライダーたち 大型バイクに乗り高林寺を出発するライダーたち

 【那須塩原】交通量が増えるゴールデンウイーク(GW)期間に交通安全を呼び掛けようと、市内の愛好家らでつくる「高林バイククラブ」や那須塩原署などは28日、大型バイク20台やパトカーなどで市内を巡回するパレードを行った。

 午前9時半ごろ、高林の高林寺で、交通安全の祈祷(きとう)を受けた後、ライダーらは400~1600ccのバイクなどに乗り出発。那須塩原交通安全協会高林支部の広報車、パトカーに続き、市内の県道などを走ったり、塩野崎の那須ガーデンアウトレットで、安全運転を訴えるチラシ100枚を配ったりした。