J2第11節の栃木SCは28日、県グリーンスタジアムで岐阜と対戦し、1-1で引き分けた。通算成績は2勝4分け5敗で勝ち点10。

 栃木SCは4-2-3-1の布陣でDF田代雅也、MF浜下瑛が先発出場。前半は岐阜に押し込まれる展開となったが、0-0で終えた。後半は一転して攻勢を強め、11分に浜下の右クロスをFW大黒将志が頭で決めて先制した。しかし、その後は決定機を生かせず追加点を奪えない。守備陣は粘り強く守っていたが、40分に左サイドを崩され、同点ゴールを許した。

 次節は5月5日午後2時から、徳島県鳴門市の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで徳島と対戦する。