前半終了間際にブレックスが勝ち越し、立ち上がって喜ぶファンたち=27日午後6時50分、ブレックスアリーナ宇都宮

 過去最高の熱気が大勝劇の原動力となった。27日、2季ぶりのBリーグチャンピオンシップ(CS)準決勝進出を決めた栃木ブレックス。チームカラーの黄色のTシャツをまとったファンで埋め尽くされたブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)は黄色の歓喜に包まれた。

 この日の観衆はホーム戦史上最多を更新する4704人。試合が始まると、ファンたちは「ゴー、ブレックス」「ディーフェンス」と声を張り上げ、得点や好プレーのたびに大喝采。特に前半、比江島慎(ひえじままこと)(28)がブザービーターを決めた際は、割れんばかりの大歓声が沸き起こった。