野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は27日、茨城県のたつのこスタジアムで茨城と対戦、0-3で完封負けを喫した。3試合ぶりの黒星で通算成績は6勝4敗。

 栃木GBは初回、先頭のルーカスが左翼線に二塁打を放つも後続が続かず無得点。八回まで散発4安打に抑え込まれ、九回は2死一、二塁と好機をつくるも野崎新矢が三振に倒れた。先発の若松駿太は7安打3失点で完投したが、今季初めて負け投手となった。

 次戦は28日午後6時から、新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で新潟と対戦する。