赤沼車庫から第1便に乗り込むハイカー

湿原につながる林道を走るハイブリッドバス

赤沼車庫から第1便に乗り込むハイカー
湿原につながる林道を走るハイブリッドバス

 【日光】ラムサール条約に登録されている奥日光の湿原周辺を走る低公害(ハイブリッド)バスが26日、今季の運行を開始した。

 この日は霧雨で、あいにくの天気となったが、午前8時10分の第1便にはハイカー5人が乗り込み、県日光自然博物館から記念品が贈られた。日光の自然に憧れ2年前、市内に転居してきた会社員、三田悟(みたさとる)さん(60)は「この時季を待っていました。湿原と中禅寺湖畔の組み合わせが素晴らしい」と話していた。