体操の全日本選手権は26日、群馬県の高崎アリーナで開幕して男子個人総合予選が行われ、内村航平(リンガーハット)が6種目合計80・232点の37位で、上位30人による決勝進出を逃し、予選落ちとなった。